主婦で個人事業主という働き方

Home | 主婦で個人事業主という働き方

現在、日本の労働人口は減少しつつある。そこで注目されているのが女性の労働者だ。今まで主婦におさまっていた女性たちにも積極的に社会進出を促し、労働力の空洞化を埋めていこうというわけだろう。とは言っても家事や育児をしながら外に働きに出るのは大変だという女性も多いはずだ。
そういう方におすすめしたいのが個人事業主という選択肢である。事業主と言ってもそんなに大げさに考える必要はない。資本金は全く必要ないし、手続きも税務署に簡単な書類を提出するだけだ。それで、確定申告では青色申告をすれば所得税が65万円も控除される。肝心の仕事の方も今の時代、インターネットを開けば豊富に揃っているのだ。文章を書くのが得意であればライティングの仕事があり、プログラミングの経験があればフリープログラマーになることもできる。さらに、ネットショップをオープンして、自分の作ったアクセサリーを販売するなどということも可能だ。わざわざパートに出かけなくてもパソコンひとつあれば、家にいながらお金を稼ぐことはできるのである。確かにそれだけで自活することは難しいかもしれないが、家計の足し程度でよいのなら試してみる価値は大いにあるだろう。注意事項さえ守ればリスクはないし、もしも思いのほか儲かれば法人化してビジネスを拡大するのもひとつの手だ。おそらく、個人事業主という働き方は、家庭にいる女性にとってこれから大きな柱となっていくだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です